父の病気を通して遠藤式健康法に出会い弟子になりました 野々村勇之

遠藤式健康法の伝道師、健康アドバイザーの野々村勇之。78歳です。

 遠藤式健康法に入ったのは、今から40年前(1980年ごろ)に父がクモ膜下で倒れてしまいました。
 そしてその後遺症で半身不随となりました。結果、身体が不自由なため、心が荒れていました。
 「あー困ったな~ どうしていたたらよいかな~」と迷っていた時に遠藤式健康法に出会いました。
 その時には、遠藤先生に「1週間で治るよ」と言われ、そんなことはないだろうと疑ってもおりましたが、疑っても仕方がない。信じて会ってみようということで、まな板の鯉状態でやってみることにしました。
 そうしたところ、1週間で回復のめどがつきました。最初にびっくりしたのは、3日目に老眼の父の目がはっきりと見えてきたようで、新聞の小さい字も読めなかったのに読めるようになっていました。

 続きは動画をご覧ください。

遠藤式健康法Youtubeチャンネル: https://www.youtube.com/channel/UC_EY-QtjAsiJasLoUH47HDg/videos
Facebookページ:https://www.facebook.com/nonoyushi/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です